スポンサーリンク

きなりの郷下北山スポーツ公園キャンプ場で新年初キャンプ

キャンプ

あけましておめでとうございます

新年早々2泊3日で冬キャンプに行ってきました

今回行ったのは奈良県下北山村にあるきなりの郷下北山スポーツ公園キャンプ場です

ここはすごく人気のキャンプ場で、夏季シーズンはほぼ空きがありません

ですが冬季シーズンはキャンパーが減り予約が取りやすくなります

しかも、なんと冬季シーズンは料金が夏季シーズンの半額

2泊しても1泊分の料金とは、お得過ぎる〜行きたい〜

けど、我が家は冬キャンプ未経験でタープもオープンタイプしか持っていないので、やっぱり厳しいかなぁと諦め…

すると、シェルターを持っている姉家族がリビング一緒に使おうよと誘ってくれたので、一緒に行くことにしました

テントサイトは、区画サイト(電源有、無)とフリーサイトがありますが今回は電源有の区画サイトを利用しました

スポンサーリンク

〜1日目〜

12時のチェックインを目指して出発

きなりの郷へのルートについては、通行止めになっている道もあるので、必ず国道169号を使って来てくださいと予約時に案内がありました

他のルートは使わないように気を付けてください

きなりの郷近くは山道なので、冬季は凍結が怖いですよね

手持ちのタイヤチェーン等があればお守り代わりに車載しておいて貰えればとのことだったので、念のためにゴム製タイヤチェーンを持って行きました(結果今回は出番無く終わりました)

12時を少し過ぎたところで到着

チェックインの手続きを済ませて、きなり館のレストランで昼食

下北山村でしか栽培されていない栄養価の高い菜っ葉「下北春真菜」というのがあるらしく、真菜入りのメニューがたくさんありました

真菜うどん定食

折角なのでかーすけは真菜うどん定食を注文しましたが、癖もなく美味しく頂けました

食べ終わったらテントサイトに移動して設営開始

10×10の広々とした区画

設営の間、子供たちは周辺で木の枝やドングリを拾って遊んでいました

タケノコテントミニ設営完了

今回はテント部分はかーすけが1人で立てました

ピシッとなっていない部分もあるものの、1人でもスムーズに立てることができました

タケノコテントミニはオールシーズン対応

設営後は場内を散策

まずはダムの壁に近付いてみることに

巨人がひょっこりでてきそうな壁

壁の手前には柵がされていて、壁に触ることはできませんでした

途中に並んでいたコテージやロッジもかわいくて、また機会があれば利用してみたいですね

そして、わんぱくランドへ移動

大きなジャングルハウス、ブランコ、滑り台など色々設置されていて、子供たちは飽きずに遊んでいました

個人的にジャングルハウスはもっとアスレチック要素があるものかと思っていたんですが、ちびすけでも安全に遊べるくらいの設計でした

真ん中にあるロープは大人も楽しめます

楽しむかーすけ

17時前まで遊んで、そのまま歩いてきなりの湯

歩いて行っても5分程で着きます

きなりの湯は天然温泉で、ぬるりとした水質のお湯で、お肌がしっとりなめらかになるそうです

乾燥しがちな冬にぴったりのお湯で、気持ちよかった〜

しっかり温まってからサイトに戻って晩ご飯の支度

この日はすき焼きにしましたが、材料は家で切って持ってきたのであとはカセットコンロで調理

お腹が空いていたところにいい匂いが充満して、早く食べたすぎて写真撮り忘れました

ちなみに姉家族のシェルターは小川のツインピルツでしたが、シェルター最高

中はテーブルを2つ並べても余裕

日中は割と暖かったんですが、やっぱり日が落ちると寒い

シェルターを締め切って、中でストーブを焚くことで快適に過ごすことができました

そして我が家もシェルター絶対買うと心に決めました

食後は焚き火をしながらコーヒータイム

満天の星空がすっごく綺麗でした(写真に上手く写せなかったのが残念)

ただ、このリラックスムードを邪魔する生物が襲来

その正体は…猫

食べ物を狙ってシェルターの中にまで入ってきました

喜ぶ子供たちと追い払う大人たち

しばらくすると来なくなりましたが、夜中に荒らされると困るので、ゴミ袋や鍋などしっかり片付けて就寝

就寝時はテント内にストーブを移動し、寝入る前と朝方のみつけました

我が家のシュラフは使用温度目安が12℃〜のものですが、インフレーターマットの上にホットカーペットを敷いて、その上にシュラフ、上から毛布を掛けることで暖かく寝ることができました

ホットカーペット最強です

〜2日目〜

朝確認したところ、何も荒らされず無事だったので一安心

朝ごはんは、前日のすき焼きの残り汁にうどんを投入して食べました

その後、ダムの上に行ってみることに

近くまで車で行って、ダムの上を歩いてみましたが、景色も良くて歩いていて気持ちよかったです

自分たちが巨人側に

キャンプ場が一望できます

昨日は触れなかった壁にようやく触れました

反対側にはもちろんダム湖

そして子供たちがまたわんぱくランドへ行きたいと言うので、午前中はわんぱくランドで過ごしました

お昼は簡単にカップラーメンを食べて、その後みんなでサッカー

敷地が広く、ハイシーズンに比べて混雑していないので、のびのび遊ぶことができました

いっぱい走り回って疲れたところでサイトに戻って一休み

子供たちのリクエストで焚き火

焚き火でほっこり

実は私たちの裏の区画に泊まっていたキャンパーさんが、撤収に当たり余った薪をたくさん譲ってくれました!(感謝)

たくさん燃やせて子供たちも大喜び

そして16半頃に早目のお風呂に出発、きなりの湯へ

レストランで単品メニューやピザなんかはお持ち帰りできるようだったので、お風呂上がりに唐揚げやカキフライをお持ち帰り注文

お風呂に入る前に注文しておけば、時間に合わせて用意してもらえたみたいです

サイトに帰ってから晩ご飯の準備

この日のメニューはコーンクリームシチューと持ち帰りした唐揚げたち

シチューの食材はもちろん切ってきたので、カセットコンロで調理するのみ

寒い冬にはぴったり

今回のキャンプではお皿は全て紙皿にしてます

洗い場は清潔で使いやすいんですけど、水が冷たいので洗い物を少しでも減らしたい

水切りスペースもある

トイレも清掃が行き届いていて、快適に利用できます

手洗いスペース

女性用のトイレは洋式が1、和式が2だったのでハイシーズンなら洋式の取り合いになるかもしれませんね

食後は売店で購入したトランプをして盛り上がりました

この日は猫も襲来してこず、平和に過ごすことができました

〜3日目〜

チェックアウトは11時なので、朝ごはんの菓子パンを食べて急いで撤収作業

冬キャンプは持ち物が多くなるので、積み込みが大変

センターハウスでレンタル用品も充実しているので、嵩張るものはレンタルするのも手ですね

コタツも1,000円でレンタルできるので、お座敷スタイルにしてコタツで過ごすのも有りですね

何とか時間に片付け終わりチェックアウト

ゴミの分別は、プラスチックも燃えるゴミと一緒でいいのが楽ですね

きなり館でお土産を買って、解散

お疲れさまでした〜

まとめ

きなりの郷の評価★★★★⭐︎(冬季なら★★★★★)

設備も清掃が行き届いていて、日中は自然の中でのびのびと遊べ、夜には満天の星空も見ることができます

温泉にも歩いて行け、ゆっくりくつろぐことができました

初めての冬キャンプで心配もありましたが、大満足のキャンプとなりました

冬季シーズンは半額はすっごくお得だと思うので、是非利用することをおすすめします

きなりの郷下北山スポーツ公園キャンプ場のHP

https://www.kinarinosato.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました