スポンサーリンク

DOD『となりのまきちゃん』でスタイリッシュに薪運び

DOD

ぱちぱちと綺麗に火を燃やすことに情熱を注ぐ焚き火台

それをいつも側で見守り、優しくサポートしてくれる隣のあの子

それがDOD「となりのまきちゃん」です

焚き火好きの我が家はキャンプの度に薪を買うので、薪を運ぶためのバッグや薪を置いておく台は前から欲しいと思っていました

それらが一つになったのがこのとなりのまきちゃん

実は少し前にプレゼントとして頂きました(ありがとー!!)

そして先日のキャンプで初使用してきました

焚き火台を優しく見守るまきちゃん

薪置き、薪バッグのそれぞれの側面から感想を書きたいと思います

スポンサーリンク

薪置きとして

薪を直接地面に置いておくと、見た目も乱雑に見えますし、なにより下の方が湿ってしまうことがあります

なので、薪を使用するなら何かしら薪置きはあった方がいいです

我が家では今まで100均の折り畳みパイプ椅子を使用していました

薪1束程度であれば問題なく置いておけますし、持ち運びも簡単なので特にこだわりがなければおすすめですよ〜

我が家の場合グルキャンすることも多く、もう少し容量が欲しいなと思っていました

容量

見た目以上に力持ちのまきちゃん

耐荷重は30kg(薪3、4束分)となっています

これはキャンプ用の薪置きとしては、他の商品と比較しても大容量だと思います

フレームも長いので、安定して薪を置くことができます

そこまで大量には置かないとしても、それだけ安定感があるということで安心ですね

持ち運び

フレーム部分はヘリノックス式に折り畳みが可能で、かなりコンパクトになります

専用キャリーバッグに入れれば、バッグ部分と合わせても2Lペットボトル2本分程です

そして1.3kgという軽さ

もちろん使用するときの組み立ても簡単です

持ち運びが非常に楽なので、薪置きとしてだけでなく、荷物置き場としてもアウトドアで活躍してくれそうです

薪バッグとして

薪をそのまま運ぶと、木のささくれが刺さってしまったり…服に木屑がたくさんついてしまったり…

たくさんの薪を運ぶのは重くて、結構大変ですよね

薪バッグがあれば、怪我や汚れの心配も減りますし、やはり運びやすいです

キャンプにおいて必須アイテムではないですが、あると便利なアイテムです

運びやすさ

薪をぎゅっと抱きしめるまきちゃん

内側に薪を固定するためのベルトがついているので、薪がずれ落ちにくくなっています

肩にそっと寄り掛かるまきちゃん

また取手が長く、肩から下げられるようになっているので、女性でも軽々運べます

運んでいる姿もスタイリッシュ

ただ、残った薪を車載するときのことを考えると、布部分を巻き付けた状態で固定できるように外側にもバックルのようなものがあればなお良かったかなー

スタンドへの固定

スタンドの上に置いて広げるだけでオッケーですが、バッグのリングをスタンドに引っ掛けることでズレ防止となります(リングを引っ掛けても上下にはずれます)

薪バッグは帆布生地でできていて、火の粉が飛んできても穴が空きにくくなっているので、焚き火の近くで使用することが可能です

薪置きとしてはスタンド部分だけでも問題ありませんが、バッグをそのまま置けた方が載せ下ろしの手間が掛からないので助かります

まとめ

焚き火や薪ストーブなど、キャンプで薪を使うのであればあると便利なとなりのまきちゃん

色んな妄想を膨らまさせてくれるとなりのまきちゃん

みなさんもまきちゃんと一緒に焚き火を楽しんでみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました