スポンサーリンク

洞川キャンプ場で電源なしの秋キャンプに初挑戦

キャンプ

最近めっきり気温も下がり、朝晩は特に冷え込むようになってきましたね

今季のキャンプも終了かなぁと思っていたところ、「秋キャンプは虫も少ないし、爽やかで気持ちいいよ」という先輩キャンパーの言葉

キャンプといえば夏のイメージでしたが、確かに秋キャンプもまた違った魅力があって楽しそう

行くと決まったら、急いでキャンプ場のリサーチ

もうハイシーズンはすぎたとはいえ、まだまだ満員のキャンプ場が多い中見つけたのが、洞川(どろがわ)キャンプ場です

「不便を楽しもう」
「星空と遊ぼう」
「グランピング」
がテーマのキャンプ場です。
日常には無い少し不便でゆったりとしたお時間をお過ごしください。
合言葉は、NATURE,CAMP,AMAZING

洞川キャンプ場公式HPより

バンガロー、オートサイト、テントサイト(屋根付き高床のサイト)、フリーサイトがありますが今回はオートサイトを利用しました

不便を楽しもうというコンセプトから、バンガロー以外はAC電源なしなので、寒さ対策に石油ストーブを買って準備万端

一泊二日で秋キャンプに初挑戦することにしました

スポンサーリンク

〜1日目〜

8時半頃出発して、途中でスーパーに寄って食材を購入

でかすけがウインナーの詰め放題をしたがったので、とーすけと2人残して、他の買い物をして戻ってきたら

ウインナー詰め放題

とーすけが必至に詰めてた(笑)

11時過ぎにキャンプ場に到着して、管理棟で手続き

案内してもらったのはオートサイトBで5m×8mの縦長のサイトです

自作のガーランドも飾ってみた

受付をした順番に端から案内されているのかなと思いますが、私たちが借りたスペースは邪魔な位置に大きな木が…

悩んだ結果、タープを少し斜めに張り、片側をポール無しでペグダウンすることでなんとか入りきりました

設営後、キャンプ場内の散策にレッツゴー

2人で滑れる滑り台

管理棟の近くには遊具スペースがあり、滑り台、ブランコ、ジャングルジム、登り棒、あとはしごのような遊具がありました

遊具スペースの奥にある階段を降りていくと、川がありました

小泉川

この川の水がすっごく綺麗!

浅瀬で安全だし、夏場だとここで水遊びしたら楽しそうだなと思いました

夏には近くで蛍も見られるみたいですね

そして川に掛かっている橋を渡り、山の中に続いている道を進んでいくと

1人のおばあちゃんに出会いました

どうやら隣のキャンプ場に繋がっていたようです

そこは泉の森オートキャンプ場小広荘というところで、おばあちゃんが1人で管理しているらしい

とっても優しい方で、どうぞ入ってみていってよーと言って頂いたので、お言葉に甘えてぐるりと一周

こじんまりしたところですが、今度はこういうアットホームな感じのキャンプ場もいいかも

一旦テントに戻って、早めに晩ご飯の準備を開始

今回のメニューは

  • 玄米を鍋で炊飯
  • コストコで買った『さくらどり焼き鳥用鶏もも串』、ウインナー、味付き肉を網焼き
  • 小ナス、アスパラ、プチトマトの煮込み
ナスだらけ

洗い場やトイレも近くにあったので、便利でした

早めの晩ご飯を済ませたら、急いで洞川温泉街

私は今回調べるまで知らなかったんですが、レトロな風情で最近人気があがってる温泉街のようです

ただ、たくさんある温泉宿はどこも宿泊客のみに限定されているらしく、キャンパーが利用できるのは洞川温泉センターのみになっています

選べないのは残念でしたが、ぬるめのお湯で、人も少なく、ゆったりリラックスできました

温泉から上がったら、温泉街を歩いて散策してみました

洞川温泉街

たくさんの提灯の光が情緒あって、いいですね〜

そして、射的場を発見

一回200円で5発玉をもらえます

お祭りで射的すると500円はするので、とってもお得

ちびすけ初めての射的

子供たちは靴を脱いで台に乗っていいよと言ってもらえたので、とーすけが補助しながら2人ともチャレンジ

倒せなかったけど、子供たちは大喜び

最後に飴ちゃんをいただきました

キャンプ場に戻ってきて、テント内でストーブを点火

レインボーストーブ

今回のために購入したトヨトミのギアミッションレインボーストーブです

写真では少し分かりづらいですが、レインボーの光がとっても綺麗で見ているだけで癒されます

そして、このキャンプ場のコンセプトにもある、綺麗な星を観ようと思ったんですが、この日は星が見えませんでした

晴れてはいたんですが、もしかしたら雲が多かったのかも

天候については運なので、仕方ないですね

ちなみに、テント内では携帯が圏外でした

テント内は圏外

テントの外では繋がっていたので、サイトの場所によると思います

〜2日目〜

朝ごはんはうさサンドメーカーでホットサンド

うさサンドメーカーで朝ごはん

やっぱり忙しいキャンプの朝には、ホットサンドがお手軽でいいですね

食べ終わったら、10時半のチェックアウトに向けて片付け開始

チェックアウト時間が早いので間に合うか心配でしたが、今回はスムーズに片付けることができ、予定より早く終わりました

もし延長する場合は、10時までに管理棟へ申請して下さいとのことでした

キャンプ場を出て、まずは車で2、3分のところにある面不動鍾乳洞へ向かいました

専用の無料駐車場があるので、そちらに車を止めて観光することができます

この鍾乳洞は入り口まで丸太型のトロッコに乗って行くことができます(有料)

丸太型のトロッコ

途中、かなりの急勾配でジェットコースターの登り坂のような箇所もありましたが、ゆっくり進むので子供たちも楽しそうに乗っていました

終点付近では、紅葉する木々や洞川の町を一望することができます

階段を歩いて登っても8分程みたいですが、登りだけでも乗るのをお勧めします

ちなみに下りは、バックのまま進んでいきます

そして鍾乳洞探索へ

中はぐるりと一周回ってこられるようになっていて、所要時間は20分程です

アップダウンがあったり、頭上が低くなっているところもありますが、比較的安全な洞窟だと思います

面不動鍾乳洞

各ポイントで赤や青などにライトアップされていて、幻想的な雰囲気を楽しむことができます

その後、みたらい渓谷をハイキングするため観音峯登山口に車で向かいました

みたらい渓谷ハイキングマップ

おすすめのハイキングコースは天川村総合案内所をスタートして、洞川温泉観光案内所がゴールのようですが、今回は観音峯登山口〜みたらい休憩所間を往復することにしました

ハイキングに出発

山道は長い階段があったり、細い道があったり、なかなかハード

でも景色がとても綺麗で、楽しみながら歩くことができました

滝のマイナスイオン効果で癒される〜

みたらい渓谷

みたらい休憩所の近くにある食堂でお昼ご飯を食べて、折り返しました

片道1.5㎞の山道でしたが、でかすけは最後までしっかり歩いていて、成長を実感

ちびすけは大半とーすけに抱っこされてました

いっぱい歩いて疲れたところで、今回のキャンプは終了

お疲れさまでした

まとめ

洞川キャンプ場の評価★★★⭐︎⭐︎

電源なしで区画も狭目なので、少し割高感を感じました

ですが、トイレや洗い場などの設備も整っていて、何より自然を堪能することができるキャンプ場です

洞川キャンプ場のHP

https://www.dorogawa-camp.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました